姥石平付近は今が最盛期

報告:いわて自然公園特派員 菅原壮

午後の日差しに輝く中沼

 猛暑日の続く中、焼石の花情報収集に出かけました。

 中沼登山口より入山。登山道沿いで見られる花も変わってきています。ソバナ、トリカブト、ミズギク、ダイモンジソウ、ツルニンジンの季節になってきました。

 チョウジギク、オニシオガマ、エゾオヤマリンドウも銀明水付近までの間で観察できます。アカバナ、ウメバチソウなども見られます。

 姥石平付近の花が今が最盛期のように見られます。ハクサンシャジン、シロバナトウウチソウ、ハクサンフウロ、ムカゴトラノオ、ウサギギクなどたくさんの花が観察できます。まだハクサンイチゲも咲いていました。

 登山道脇の湿原は熊さんの徘徊跡が多く見られ、目撃情報が多くあります。

ツルニンジン
アカバナ
アザミにキアゲハ
ミズギクとドクゼリ
オオバタケシマランの実
コブヤハズカミキリ
ダイモンジソウ
エゾオヤマリンドウ
ウメバチソウ