大槌町の安渡地域アーカイブ実行委(佐々木慶一委員長)は23日まで、同町末広町のおしゃっちでアーカイブ展「安渡のくらし~地域文化と絆~」を開いている。大正時代から東日本大震災前までの地域の姿と人々の暮らしを写真で振り返りつつ、震災後の復興の歩みをたどる。

 昭和時代の登下校風景や地区運動会、平成の祭りなど当時のにぎわいが分かる貴重な写真に加え、津波の被害状況や今日までの復興の過程を記録した計300枚以上を展示。芸能発表会と祭りの懐かしい映像も流れている。

 同実行委は17年から写真などの収集、データ化を進めており、今後の伝承活動に生かす。