リレーエッセイ イワテライフの楽しみ方

佐々木秀吾さん第2回(全2回)

 
イベント「僧侶バー」の様子。お坊さん以外のゲストを招くことも

 私は「仏教を生活に生かしてもらう」をモットーに活動しています。その第一歩が「自分に合ったお坊さん(マイお坊さん)」を見つけるということです。

 「自分が檀家(信者)になっているお寺のお坊さんじゃないと、悩みなどを相談してはいけないと思っていた」という人がいますが、そんなことはありません。自分が相談したいお坊さんで良いのです。私が、様々な才能を持っているお坊さんを招いて「僧侶バー」というイベントを開催しているのも、皆さまに「マイお坊さん」を見つけていただきたいからです。

 そして見つかったら、そのお坊さんと語らいながら、仏教を日常生活に生かしてもらいたいです。

 例えば、「行雲流水」という禅語があります。これは、「流れていく川の水は、大きな岩があろうとも、執着なく海に流れ出ていく」という意味です。この言葉は、偏見や固定概念に苦しむ人にとって自由に生きていくためのアドバイスとなるかもしれない、と私は考えます。

 このように日常生活を仏教の視点で見ることは、皆さまの生活が幸せで豊かなものにつながると信じています。そのためにも、お寺やお坊さんを、もっと身近に感じていただけるとうれしいです。

今月の人 佐々木秀吾さん
1980年横浜市生まれ。2006年より盛岡市下田(玉山地区)喜雲寺副住職に。「お坊さんを身近に感じてもらう」「仏教を生活に活かしてもらう」をテーマに社会系お坊さんプロジェクトを展開。社会人向けの坐禅会「朝禅」、僧侶バーイベントなどを開催。
https://kiunji.amebaownd.com/