2020.08.19

樹液「日本一」の輝き 二戸市で漆掻き作業盛ん

木漏れ日が差す森林で漆掻き作業に励む秋本風香さん
木漏れ日が差す森林で漆掻き作業に励む秋本風香さん

 18日の県内は高気圧に覆われ、おおむね晴れとなった。漆の生産量日本一を誇る二戸市では、漆掻(か)き作業が盛んに行われている。

 同日は漆掻き職人を目指す市地域おこし協力隊の秋本風香さん(22)が、同市白鳥の森林で朝8時から作業。かんなで幹に溝を付け、染み出す樹液をへらで丁寧に掻きとった。

 作業は11月まで。この時季の「盛辺(さかりへん)」と呼ばれる漆は特に品質が高いとされる。