花巻市の福祉関連の企画会社ヘラルボニー(松田崇弥社長)などは、福祉施設での衛生習慣の定着を目指すプロジェクトを立ち上げた。

 知的障害者が理解しやすいよう道路標識のように絵で表して手洗いやうがいを促す絵カードを作製。新型コロナウイルスの感染防止に役立てるため、希望する全国の施設を対象に配布し、利用者とのコミュニケーションのあり方を提案する。

 絵カードは道路標識を模して手洗いを促すものやキャラクターが描かれたものなど24パターンを用意した。知的障害者が言語よりも視覚的な表現の方が理解しやすい特徴に着目。いずれもデザイン性を加えシンプルな色使いで仕上げた。