山田町の町商工会青年部(松本龍太部長)は14日夜、第14回やまだの花火大会を開いた。新型コロナウイルス感染症の影響でステージや出店は見送り、メーンの花火のみを実施。住民らが夜空を彩る大迫力の大輪を楽しんだ。

 山田漁港で午後7時から30分間、2千発が打ち上げられた。家族連れや浴衣姿の子どもたちが公園や岸壁などで観賞。尺玉と呼ばれる特大の花火が何度も上がり、色とりどりの光が夜空を焦がした。