花巻市愛宕町の妙円寺(林光太郎住職)は終戦記念日の15日、境内で「平和の鐘」を鳴らし、戦争のない世界を願った。

 地域住民ら約40人が参加。正午に黙とうし、前住職の林正文(しょうぶん)さん(84)が最初に鐘を鳴らし、戦没者に祈りをささげた。

 参加した県原爆被害者団体協議会の斎藤政一名誉会長(96)=同市十二丁目=は広島市で被爆した経験を振り返りながら「75年たっても当時の記憶は薄れない。誰にもあんなつらい思いをさせたくない」と恒久平和を願った。