大船渡市の建設業菊池組(佐々木孝雄社長)の工事課長を務める菊池静さん(58)は、大船渡小の旧校舎の模型を製作し、同市大船渡町のおおふなぽーとに展示している。同校が創立100周年を迎えた1973年当時の姿を再現。新型コロナウイルス感染症の影響でさまざまなイベントが中止となる中、訪れた人が昔を懐かしんだり、今の校舎と見比べて、楽しい時間を過ごしてもらうことを願う。

 展示は16日まで。午前9時~午後6時。