山頂で祈る笛の音

報告:北上山歩き会 本舘伸也

花々のなかを山頂へ向かう

 今年も「山の日」に北上市和賀町山岳会の経塚山登山がありました。今回は新型コロナの影響を考慮して、山岳会と有志の登山となりました。前日の大雨のため夏油川は増水していましたが、なんとか渡渉して対岸へ。ロープ伝いの急斜面を登り、長い山道を行くと「お坪の松」(七合目)があります。風穴から涼しい風が吹いています。昔、修行僧のお堂があったというコメツガに囲まれたスポット。白いゴゼンタチバナが咲いています。森林限界を過ぎると、視界が一気に広がり、最後の登り坂へ。斜面にはキンコウカやハクサンフウロ、ハクサンシャジンなど色とりどりの花がたくさん揺れています。

山頂から焼石の山々

 山頂に着くと、山岳会の方が「経堂」の前で笛を吹きました。地元、和賀町に伝わる岩崎鬼剣舞の笛です。焼石連峰から牛形山、駒ケ岳、夏油の奥山がぐるり囲むこの山頂で流れる笛の音。細く長くしっかり届く祈りの音でした。参加者は黙祷し、笛の音を聴きました。

牛形山が目前に
山頂で笛を奏でる