陸前高田市職員でつくる互助団体の市職員厚生会(戸羽良一会長理事)は、東日本大震災で犠牲になった職員111人の慰霊碑を市役所新庁舎の敷地内に来年8月のお盆までに建立する。一部遺族が求めていた市中心部に市が本年度整備する刻銘板に殉職者として名を刻むことは、話し合いの結果見送られたが、厚生会による慰霊碑建立という形に落ち着いた。

 戸羽会長理事は「多くの職員が犠牲になった事実と、二度と同じことを繰り返さぬよう教訓を後世に伝えるための慰霊碑にしたい」と思いを語る。