新型コロナウイルス感染症の影響でお盆の帰省を控える動きが広まり、県内で墓の掃除や供養を家族の代わりに行う民間などのサービスの需要が高まっている。

 墓参りが難しい人の代わりを担い、遠くにいても墓を守りつつ、地域に仕事や雇用を生み出す可能性がある。一方で墓と家族のつながりの希薄化への懸念もあり、コロナ禍は地域で長年受け継がれてきた風習にも影響を与えそうだ。