山の日の焼石岳

報告:いわて自然公園特派員 菅原 壮

中沼

 山の日、恒例となった焼石岳に入山してみました。猛暑日が続いて大変でしたが、何とか山頂付近まで行くことができ、色々な花の状態など観察できました。銀明水付近まではあまり目立った花の状況はありませんが、中沼ではトウゲブキが終わり、トリカブトの花が咲きだしていました。

 エゾオヤマリンドウ、アキノキリンソウ、ダイモンジソウ、ガンクビソウ、チョウジギクも咲きだしています。姥石平付近から上のほうでは、トウゲブキ、タチギボウシ、シロバナトウウチソウ、ハクサンフウロ、ウメバチソウ、ハクサンイチゲの2度目の開花が見られました。その他、ミヤマホツツジ、ホツツジ、イワショウブ、キンコウカなどたくさんの秋の花なども観察できます。

 上沼の先のミズバショウなどが咲いていた湿原で「熊」さんと遭遇しました。こちらもびっくり、熊さんも驚いた様子で藪の中に駆け込んでいきましたが、登山道脇の草地などは熊さんの徘徊跡がたくさん見られます。お気を付けください。

上沼から残雪をズーム
エゾオヤマリンドウ
クロバナヒキオコシ。5ミリほどのとても小さな花です。
白いハクサンシャジン
タカネセンブリ。これも小さな花です。
イワショウブ
ハクサンイチゲ、二度目の開花
チョウジギク
キンコウカ