2020.08.01

栗駒国定公園・焼石連峰(奥州市)=7月31日6時~

花の第2ステージ開演!

報告:日本自然保護協会 自然観察指導員 鈴木清明

雲海を楽しみながら下山されますグループ!

 なかなか梅雨明け宣言が出ない状況下で、切れ間を見付けて入山してみました。

 溶岩台地では、この時期特有の花々で飾られていました。

 トウゲブキ、ミヤマアキノキリンソウ、キオン、イワオトギリソウ、キンコウカ等の黄色系、タチギボウシ、ハクサンシャジン、ミヤマリンドウ等の青系、クルマユリ、ハクサンフウロ、ウゴアザミ等の赤系、ハクサンイチゲ、シロバナトウウチソウ、モミジカラマツ、シラネニンジン、ムカゴトラノオ等の白系、タカネアオヤギソウ、タカネサギソウの緑系等々の花が、彩り豊かに様々な模様を作っています。

 登山道上でも、従来から観られた花が、場所を変えながら楽しむことが出来ます。

 新たにコイチヨウラン、アクシバ、タマガワホトトギス、アラシグサ、ヒメアカバナ、ミズギク、オオヤマサギソウ、ダイモンジソウ等々が観られるようになってきました。

 本日は66種の花を確認することが出来ました。

 途中、大雪渓付近において、往路・復路共に熊さんの姿を確認しました。付近を通る際にはラジオ、鈴等々の対策も必要かと思われます。ご注意下さい!

ハクサンフウロやトウゲブキ、ギボウシ等の競演の始まりです!
花の第2ステージも主役:ハクサンイチゲの群落です!
シロバナトウウチソウ、トウゲブキ、タチギボウシ等々の競演!
中沼のトウゲブキの群落
ダイモンジソウも咲き出しました!
可憐な姿のコイチヨウランです!
小さな羽を広げたようなオオヤマサギソウです!
この所、活発な動きの熊さんです!