2020.08.01

未来へ続く緑の丘陵 軽米の大規模太陽光発電所

緑の丘陵に約51万枚のソーラーパネルが点在する軽米町の大規模太陽光発電所=31日、同町山内(本社小型無人機から撮影)
緑の丘陵に約51万枚のソーラーパネルが点在する軽米町の大規模太陽光発電所=31日、同町山内(本社小型無人機から撮影)

 緑の丘陵地とソーラーパネルが鮮やかなコントラストを描く。31日に撮影した軽米町山内の軽米西、軽米東の大規模太陽光発電所(メガソーラー)は圧巻の光景が広がっていた。

 両発電所の敷地面積は約460ヘクタール、年間発電量は13・7万メガワット時で、一般家庭4万1100世帯分に当たる。山間地を利用したメガソーラーとしては国内最大級を誇る。

 再生可能エネルギーを生かしたまちづくりを進める軽米町。自然との調和を図りながら、新たな未来を切り開く。