中日5-3ヤクルト

 中日はクリーンアップで全打点を挙げ、大野雄の今季初勝利を援護した。4番ビシエドが四回に2点二塁打を放ち、2-3の六回も同点打。続く5番阿部寿樹(一関一高-明大-ホンダ)も勝ち越しの二塁打を放ち「今まで大野さんが良い投球をしても、打てないで迷惑を掛けていたので勝ちをつけられて良かった」と話した。

 七回は3番の高橋が左中間への適時二塁打で突き放した。与田監督は「もちろん勝てるときというのは機能するから(打線が)つながっていく。とにかくチーム一丸となってやっていくしかない」と話した。