政府の新型コロナウイルス経済対策で国民1人に一律10万円を配る特別定額給付金の申請期限が迫っている。県内で給付対象となる53万475世帯のうち未申請の世帯は約7千世帯とみられ、盛岡市や北上市など都市部に多い。市町村は希望しながら受給できないケースを防ごうと、戸別訪問に乗りだすなど周知に懸命だ。

 申請期限が最も早いのは、釜石市と久慈市の8月1日。給付率98・6%で126世帯が未申請の釜石市は、リストを作成し戸別訪問や電話、無料通信アプリLINE(ライン)での呼び掛けを行ってきた。