新型コロナウイルス感染症対策で3月から無観客としてきた岩手競馬は、12日の盛岡開催から来場者の受け入れを再開する。人数制限を設け、検温への協力やマスク着用を求めるなど感染対策を徹底する。

 同日は午前11時に開場し、通常通り11レース行う予定。入場は盛岡競馬場の定員6千人に対し、半分の3千人までに制限する。検温を行い、37度5分以上ある人や風邪症状がみられる人、マスクを着けていない人の入場は断る。