盛岡市内丸の県公会堂(工藤昌雄館長)で6日夜、新型コロナウイルス感染症の影響で、自粛が続くイベント業界の奮起を表すライトアップが始まった。

 点灯とともに、同市向中野の平真美バレエスタジオ盛岡教室に通う生徒8人が、演技で花を添えた。夕焼けのような美しい黄褐色の光が約1時間外壁を照らした。

 コロナの影響で、仕事ができない状況が続く全国のイベント業者6社が共同で企画した「JAPAN#31プロジェクト」の一環。全国や海外の120カ所で一斉に開始した。