山田町織笠の山田高(宮学校長、生徒110人)は3日、中学生を対象とした1日体験入学を実施した。地元中学生らが同校の学習内容や部活動に触れた。

 山田中や宮古市の津軽石中から3年生計105人が参加。パソコン部の部員が作成した資料で学校行事について学び、東日本大震災からの復興や防災、まちづくりなど各学年ごとに取り組む独自プログラム「総合的な探究の時間」の説明を受けた。

 中学生はグループごとに運動と文化系の部活動の様子も見学し、高校生活への期待に胸を膨らませた。