久慈市長内町の久慈港で4日、今季初の巻き網船が入港し、マイワシ約250トンが水揚げされた。同市の漁船本格誘致は今年で4年目だが、例年より2カ月ほど早い初入港で、1隻当たりの水揚げ量も最多。幸先のよいスタートに浜は活気づいた。

 茨城県の丸成漁業の第32海栄丸(約310トン)が入港し、綾里沖で取れたマイワシを続々と水揚げ。周辺漁港の平均単価よりやや高めの1キロ当たり平均33・4円で取引された。加工用が主となる。