大船渡市は29日、気仙圏域における新型コロナウイルス感染症の検査拠点となる「地域外来・PCR検査センター」を同市内に開設し、運営に協力する気仙医師会(滝田有会長)の会員らが検査のリハーサルを行った。

 同センターは8月5日から稼働し、毎週水、木曜日に1日最大3人をみる。