大船渡市選管(佐々木一郎委員長)は2日、市ホームページ(HP)に掲載した資料に、個人情報漏えいの恐れがあったと発表した。黒塗りで公開していた有権者らの住所や氏名などの個人情報が特定の操作で見られる状態だった。現時点で個人情報流出の被害報告はなく、外部から指摘を受けた6月29日、HP公開を停止した。

 黒塗りでHP公開したのは計36件。このうち告示板などで内容を一般に周知していない2018年11月~19年11月の9件、7人分で選挙立会人や有権者の住所や氏名、生年月日や本籍の情報が分かる状態だった。