2020.07.03

アルパカ涼しげ〝衣替え〟 八幡平市で毛刈り

盛夏を前に毛刈りされるアルパカのモカ=2日、八幡平市平笠・サラダファームヴィレッジ
盛夏を前に毛刈りされるアルパカのモカ=2日、八幡平市平笠・サラダファームヴィレッジ

 農業生産法人サラダファーム(田村昌則社長)が運営する八幡平市平笠の観光施設サラダファームヴィレッジは、盛夏を前にアルパカの毛刈りを進めている。

 2日は5匹のうち雌のモカ(9歳)の首下の毛を、飼育スタッフの木村憲司さん(54)が専用のはさみでカットした。作業後、モカは涼しげな姿で子のラン(雌、3歳)とゆったり外を歩き、草をはんだ。

 暑さ対策の毛刈りは今月中旬までに終える予定で、アルパカは1日2度の散歩や飼育園舎付近で見られる。アルパカは同ヴィレッジ内のガーデンパークで見られる。午前10時~午後4時で、水曜定休。

関連リンク