盛岡市新庄の市動物公園(辻本恒徳園長)は27日から、児童生徒を対象とした一日飼育係体験を始めた。リスやアルパカ、ツキノワグマなどの生態を観察し、飼育員の仕事の魅力を体感した。

 初日は8人が参加し、飼育員の指導を受けながら、寝室の清掃や餌やり、健康観察に挑戦。盛岡市の緑が丘小4年の佐々木恵都さんは「ふわふわしたアルパカを間近で観察できた。お世話をすることは楽しい」と目を輝かせた。

 飼育係体験は小学3年~中学3年が対象で8月7日まで。有料。問い合わせは市動物公園(019・654・8266)へ。