27日の県内は、梅雨前線の影響で広い範囲で雨となり、内陸では激しく降った所もあった。奥州市江刺では土砂崩れが発生し、約500戸が停電した。盛岡地方気象台は、県内が28日にかけて大雨となる恐れがあるとし、県気象情報を出して土砂災害などに警戒を呼び掛けている。

 同気象台によると、28日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で内陸130ミリ、沿岸100ミリ。1時間40ミリの激しい雨の所もあり、雨雲が予想以上に発達した場合は警報級の雨の可能性もあるとしている。