北上市内で飲酒運転の摘発者が急増している。今年は20日現在で前年同期比2倍超の19人に上り、その約80%が同市在住者。4月には交通死亡事故が発生したほか、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言が解除された5月以降に深刻化している。

 この「異常事態」を受け、北上署(千田敬喜署長)は取り締まりや啓発活動を強化する緊急対策に乗り出す。