2020.07.27

集中打で先制、流れ渡さず 夏季県高校野球、一関学院V

3回表一関学院1死一、二塁、近江が先制の中前打を放つ
3回表一関学院1死一、二塁、近江が先制の中前打を放つ

 夏季県高校野球大会の県大会最終日は26日、盛岡市の県営球場で決勝が行われ、一関学院が昨秋県大会覇者の盛岡大付を4-1で下して優勝した。

 一関学院は三回に近江博人(3年)の先制適時打など4安打を集めて3点を先行。七回に1点を追加し、継投でリードを守った。盛岡大付は三回に渡辺翔真(2年)の二塁打で1点を返すにとどまった。

 一関学院は8月9日から宮城県の石巻市民球場で行われる東北大会に出場する。

 

 

◇    ◇

 詳報は27日付の岩手日報本紙をご覧ください。

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞 

関連リンク