2020.07.24

爽快、海の日 釜石・根浜で多様な遊びに笑顔

根浜緑地公園前の海でシュノーケリングを楽しむ子どもたち
根浜緑地公園前の海でシュノーケリングを楽しむ子どもたち

 「海の日」の23日、釜石市鵜住居(うのすまい)町の根浜緑地公園で、根浜あおぞらビーチパークが開かれた。新型コロナウイルス感染症の影響で根浜海岸の海開きなどが中止になったことを受け、市内でまちづくりに取り組む複数の団体が企画。26日までで、幅広い世代が地元の海で多様な遊びを楽しんでいる。

 人気の水上スポーツ「スタンドアップパドルボード(SUP)」やシュノーケリング、水上バイクなどさまざまな体験プログラムを用意。参加者が思い思いに海を満喫した。

 午前10時~午後3時。参加対象は県内在住の未就学児(保護者同伴)と小中高校生。原則、参加前日の正午までに根浜あおぞらビーチパークのホームページ(https://www.nebama.net/aozora-beach-park)で申し込む。当日受け付けも可。

関連リンク