2020.07.23

盛岡大付、一関学院が決勝へ 夏季県高校野球

高田-一関学院 3回裏一関学院2死、佐々木大輔が左越え本塁打を放ち2-0とする=県営(代表撮影)
高田-一関学院 3回裏一関学院2死、佐々木大輔が左越え本塁打を放ち2-0とする=県営(代表撮影)

 夏季県高校野球大会の県大会第5日は23日、盛岡市の県営球場で準決勝が行われ、盛岡大付と一関学院が決勝進出を果たした。

 第1試合は昨秋県大会覇者の盛岡大付が、夏の岩手大会2連覇中の花巻東を4-0で破った。第2試合は昨秋県3位の一関学院が延長十三回タイブレークの末、高田を4-3で下した。

 決勝は25日、県営球場で行われる。

 

◇     ◇

 岩手日報社はホームページ(HP)で全試合を一打席速報します。

 

 詳報は24日付の岩手日報本紙をご覧ください。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞