【ニューヨーク共同】米大リーグは23日(日本時間24日)、新型コロナウイルス感染拡大の影響で当初から約4カ月遅れて開幕する。田中の所属するヤンキースは敵地で昨季ワールドシリーズ覇者のナショナルズと、ドジャースは本拠地でジャイアンツと対戦する。

 残りの球団は24日(同25日)に初戦を迎え、2季ぶりに投打の「二刀流」で臨む大谷翔平(花巻東高)のエンゼルスは敵地でアスレチックスとぶつかる。1年目に挑む筒香のレイズは地元に同じく新人の山口が所属するブルージェイズを迎え、秋山が加わったレッズはホームでタイガースと戦う。

 ダルビッシュのいるカブスは本拠地でのブルワーズ戦、前田が加入したツインズは敵地でのホワイトソックス戦、菊池雄星(花巻東高)、平野のマリナーズは敵地でのアストロズ戦で幕を開ける。