奥州市胆沢若柳で行われている東京五輪カヌースラローム競技の日本代表合宿に20日、リオデジャネイロ五輪銅メダリストの羽根田卓也選手(33)=ミキハウス=が合流した。激しい川の流れが売りの奥州いさわカヌー競技場を「日本一」と評し、久々の激流で練習に励んでいる。

 合宿は13日から22日まで同競技場で実施。20日は足立和也選手(29)=山口県体協=や、矢沢亜季選手(28)=昭和飛行機工業=らと汗を流した。

 羽根田選手は男子カナディアンシングルの日本代表で、リオ五輪では同競技で日本人初のメダリストとなった。