2020.07.22

海望む憩いの場 復活 大船渡・サン・アンドレス公園

笑顔でサン・アンドレス公園を散歩する利用者
笑顔でサン・アンドレス公園を散歩する利用者

 大船渡市大船渡町のサン・アンドレス公園は20日、プレオープンした。東日本大震災でほとんどの設備が流失や破損したが、県が住民の意向をくみながら復旧工事を進めてきた。震災から9年4カ月の年月を経て、市民の憩いの場が待望の復活となった。

 広さは震災前と同じ1・6ヘクタール。複合遊具やあずまや、水飲み場などの位置もほぼ変わらない場所に設置した。「圧迫感が出ないよう、海が見えるようにしたい」との地域住民の思いから、海側に築山を新たに整備。防潮堤があっても海を望むことができるようになった。

 現在は広場、展望台、あずまやなどが使用でき、8月1日の本格オープンからは駐車場やトイレ、遊具なども使用可能となる。