2020.07.21

売れ行き〝うなぎ上り〟 きょう土用の丑の日、豊漁で価格安く

香ばしい匂いが漂う厨房で炭火焼きされるウナギ=20日、盛岡市大通・京極
香ばしい匂いが漂う厨房で炭火焼きされるウナギ=20日、盛岡市大通・京極

 21日の「土用の丑(うし)の日」といえばウナギ。県内のスーパーや飲食店では、新型コロナウイルス感染症の影響で高まる「内食需要」を背景に、かば焼きやうな重などの売れ行きが好調だ。今年は稚魚のシラスウナギの豊漁で出荷価格が昨年より安く、県民の手が届きやすい状況となっている。

 盛岡市大通の料亭京極では20日、厨房(ちゅうぼう)に香ばしい匂いが立ち込めた。1938(昭和13)年の創業時から継ぎ足すこだわりのたれと備長炭で、国産をじっくり丁寧に焼き上げる。この日は持ち帰り用を含め約100食を用意。今年の売り上げは前年比で約20%ほど伸び、佐々木功一社長は「暑くなってきた。ウナギを食べ、コロナを吹き飛ばす元気を得てほしい」と願う。