二戸市内の地元企業3社は、いわての新たな食文化発信プロジェクトの第2弾として、南部せんべいを衣に使った唐揚げ「巖手(いわて)とりから」を開発した。同市が全国有数の生産量を誇る鶏肉と、地域の伝統の味南部せんべいを融合。新たな食文化としてPRする。

 鶏肉は同市福岡の養鶏業阿部繁孝商店(阿部繁之社長)の銘柄肉「あべどり」のもも肉、衣は同市石切所の小松製菓(小松豊社長)の南部せんべいを使用。製造加工を同市石切所の食肉加工販売山長ミート(槻木光夫社長)が担った。

 幅広い流通を目指して業務用製品として生産。県内のスーパーや飲食店などでの販売や利用を見込む。