【ロサンゼルス共同】米大リーグ、エンゼルスで一昨年の右肘手術からの投手復帰を目指す大谷翔平(花巻東高)がアナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで7月3日から再開するキャンプで初日から投打の「二刀流」で臨むことになった。エプラー・ゼネラルマネジャー(GM)が6月30日、電話会見で公表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大で3月中旬にキャンプが中断した後、5月に実戦形式で登板するまでに調整は進んだ。GMは「少し強度を上げて日々の反応を見ながら(紅白戦など)実戦に出したい」と方針を示した。かねてマドン監督は大谷が開幕から二刀流でプレーする可能性が非常に高いとしている。