2020.07.18

花巻の温泉、県民利用が好調 前年同月比40%増

県内宿泊客が平年並みに戻りつつあるホテル志戸平。県外客の回復にも力を入れていく
県内宿泊客が平年並みに戻りつつあるホテル志戸平。県外客の回復にも力を入れていく

 花巻市の温泉宿泊施設は今月、県民利用が好調だ。予約分を含め前年同月を上回る見通しで、市が助成事業の対象を市民中心から県民に拡大したことも追い風となった。ただ、全国的に新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で主力の県外客の回復は見通せず、難しい経営が当面迫られそうだ。

 市が10施設に行った14日時点の調査で、今月の県民の宿泊客数(予約含む)は約2万人。前年同月の計1万3832人と比べ40%超の伸び、市全体の前年同月実績の1万6437人も上回る見込み。