県教委は16日、2021年度県立高校入学者選抜の新型コロナウイルス感染症対応について各教育事務所に通知した。入学者選抜は当初の予定通り推薦が来年1月27日、一般は3月9日に実施。出題範囲は現行の中学校学習指導要領の内容とし縮小しない。

 通知では、コロナ感染の疑いがある志願者は入試日は欠席して追試験を受けるなどの指針を提示。調査書は臨時休校の影響で特定の入学志願者が不利益を被ることがないよう配慮を求めている。各高校の募集定員や推薦基準、選抜方法などを示した推薦概要は10月末までに公表する。

 全国では休校の長期化を踏まえ入試の出題範囲を縮小する動きもあるが、県教委は本県は学習面の大きな遅れはないとしていた。