東日本大震災後に陸前高田市の支援を続けてきた名古屋市港区の旅館経営、竹川春久さん(39)は19日、地元の空きビルに陸前高田応援ショップ「築地口惣菜(そうざい)」を本格オープンする。陸前高田市の特産品のほか、同市の地域ブランド米・たかたのゆめを使った天むすなど両市のコラボレーション商品を販売し、遠地から本格復興への願いを込める。

 応援ショップは地下鉄名港線築地口駅近くの空きビル1階に6月21日プレオープンし、たかたのゆめや天むす「金シャチむすび」、総菜などを販売している。本オープン後は陸前高田の海産物や、たかたのゆめの玄米と市が産地化を目指すピーカンナッツ、名古屋市産のみそを使った玄米団子も提供する。営業時間は午前10時~午後6時。不定休。