米大リーグは14日、各地でキャンプが行われ、マリナーズの菊池雄星(花巻東高)が紅白戦に登板し、57球で1本塁打を含む4安打、1三振4四球だった。

 菊池は紅白戦で投げた57球のうちストライクが30球と制球が定まらなかった。直球は最速で95マイル(約153キロ)を2度記録したが、好調時のボールの伸びは感じられない。

 開幕は24日で最後の調整登板は20日。「少しのところで(結果は)大きく変化すると思っている」と修正ポイントは把握しており、話しぶりは落ち着いていた。

(シアトル共同)