新トレ@ケアコートもりおか

教わった読み方のこつを生かし、関心を持った記事に印を付けながら読み進める受講者

 盛岡市青山の介護老人保健施設ケアコートもりおか(吉武克宏施設長)は、新人職員向けの研修に岩手日報社のNIB講座「新トレ(新聞トレーニング)」を取り入れた。新聞の効率的な読み方や会話に生かせる情報収集の方法を学んだ。

 

新入職員ら研修開始

職員と一緒に施設利用者が体操(左)や歩行訓練を行う2階食堂ホール

 講座は全3回。初回は今月1日に同施設で行い、新人職員ら4人が受講した。岩手日報社の記者が紙面の構成や新聞を短時間で読むこつを解説。ニュース記事は重要なことから書く逆三角形で構成され、記事を要約している見出しを読めば大まかな内容を把握できることなど、当日の紙面を使って説明した。

 講座の最後は10分間の速読に挑戦。「介護施設 ロボットが清掃」など、仕事に関わる記事や関心を持った事柄に印を付けながら、1面から最終面まで読み進めた。

医療と介護の連携を図る介護老人保健施設ケアコートもりおか

 事務部の工藤博永(ひろひさ)課長(41)は「施設利用者は新聞をよく読んでいる世代。若い世代の職員も新聞から情報を入手してコミュニケーションに生かせるようになってほしい」と期待を寄せる。

 受講者は講座期間中、継続して新聞を購読。次回以降の講座では、紙面の情報をコミュニケーションに生かす方法や、ホームページ作成に役立つ編集技術などを学ぶ。


意識高め、地域に誇りを

吉武施設長に聞く

 施設長で医師の吉武克宏さん(76)に、新聞で情報収集する意義などについて聞いた。

(聞き手=NIE・読者部 鈴木義孝)

「新聞を読むことで意識を高め、自分が住む場所に誇りを持ってほしい」と語る吉武克宏施設長

-ケアコートもりおかの特色は。

 「介護老人保健施設は、病院と在宅の中間施設。入所者を支援し、可能な限り在宅復帰を目指すことを基軸に、リハビリ機能を強化している。医師が常勤し、多くの看護師や作業療法士、介護福祉士など幅広い職種を抱えている」

-2018年の開所から2年続けて新卒の介護職員を採用している。

 「介護職は『3K』と言われ、一般的に志望者が少ないのだが、ここは若い職員が多く明るい施設だ。だからこそ職員のモチベーションを上げることが重要で、今回の講座を通じて、やりがいがあり、社会に貢献する仕事であることを感じてほしい」

-自身の新聞との関わり方は。

 「毎日職場で全国紙、地元紙に目を通す。各紙の読書欄の面白そうな書評を切り抜き、ファイルすることが趣味で、枕元に置いたファイルを寝る前に読むのが至福の時だ。書評の書き手は一流の評論家ばかりで、こんなに鋭い人がいるのかといつも感心する」

-受講者にはどのように新聞を読んでほしいか。

 「まずは楽しむことだ。記事について気軽に仲間や家族と話題にすることで、表現力が身につく。職場でニュースが話題に上がるのはいいことだ。私の義母は90代だが、新聞を欠かさず読んでおり、日々のニュースについて話ができる。外部に興味を広げることは老化防止にも役立つ。新聞業界はこのことをもっとPRしてはどうか」

 「新聞には投書欄があり、年齢を問わず、つたない文章でも訴えるものがあれば掲載されるので、挑戦するのもいい」

-若い職員への期待は。

 「新聞で意識を高めることで、特に地方の若者が自分が住む場所にプライドを持ってほしい。生きがいや仕事の意義を感じてくれればうれしい」

 「施設利用者とコミュニケーションする際に、日々のニュースに通じていれば必ず役立つ。勉強にもなるし、自分の魅力を増すことにつながる。単に目先の仕事を処理するのではなく、利用者と触れ合う中で、学びながら成長していくという視点を持ってほしい」


豊富な情報収集できる・菊池 真由さん

 新聞は文字ばかりで読みにくい印象だった。実際に開いてみると写真も多く工夫して作られていることが分かった。見出しを読むだけで内容が把握できる点もいい。仕事に関わる記事もあり、話題も豊富なので情報収集に生かしていけそうだ。

読み方のこつ分かった・熊谷 麻衣さん

 新聞は硬いイメージがあったが、読んでみると気になる見出しや興味が湧く記事が多いと感じた。今回の講座で、読み方のこつや紙面の構成を知ることができた。新聞の情報から知識を蓄え、施設利用者とのコミュニケーションに役立てたい。

地域の話題見つけたい・遠藤 洸太さん

 この道に進んだのは、高校で介護の勉強をしたのがきっかけ。施設利用者は一人一人対応の仕方が異なり、コミュニケーションで戸惑うこともある。見出しから記事の概要を把握できることが分かったので、地域のニュースを紙面から見つけ、話題にしてみる。

役立ちそうな記事満載・大沢 遥さん

 リハビリで新聞記事を模写する課題を出すことがあるが、自分では紙面全体に目を通す時間がなかなかとれなかった。今回の講座で、改めて新聞には幅広い情報が載っていることが分かった。山登りが趣味の方が多いので、岩手山登山の記事が役立ちそうだ。

NIB Newspaper in Business