2020.07.15

かやぶき屋根囲む緑 遠野・曲り家

母屋と馬屋が一体となった伝統家屋「曲り家」=遠野市附馬牛町・遠野ふるさと村(本社小型無人機から撮影)
母屋と馬屋が一体となった伝統家屋「曲り家」=遠野市附馬牛町・遠野ふるさと村(本社小型無人機から撮影)

 緑色濃い早池峰山の麓、遠野市附馬牛町(つきもうしちょう)の山里上空。木々の隙間から独特の形をした家屋「曲り家」が姿を現す。高度を上げると灰色にくすんだL字形のかやぶき屋根が見えてくる。

 遠野ふるさと村には、江戸末期から明治期にかけ建築された6棟が移転・復元されている。梅雨の晴れ間の日差しを受け、昔ながらの山村風景が広がる。

関連リンク