大槌町安渡 主婦 佐藤 幸子さん(74)

 被災者の居場所づくりに取り組むボランティア団体に所属し、手芸などの創作活動に励んでいる。メンバーとおしゃべりしながら活動するのが楽しく、交流の輪も広がった。震災時には、自宅に迫る津波を見て、孫を連れて必死で逃げたことを覚えている。いつ何が起きるのか分からない。家族や友人を大切にしながら、創作活動を続けたい。