九州各地に大きな被害をもたらした豪雨災害を受け、県内で被災地を支援しようという募金活動が広がっている。東日本大震災で全国から支援を受けた大船渡市の大船渡中(石橋和彦校長、生徒172人)は10日、義援金を同市に寄託。県内のNPO法人などで組織する「いわてNPO災害支援ネットワーク」も同日から、ボランティア活動を援助するための寄付金を募っている。

 大船渡中は生徒会長の村上冴凜(しぇりん)さん(3年)が「東日本大震災でたくさん支援を頂いたので恩返しをしよう」と提案。8日から3日間、生徒会とボランティア委員会が中心となり、生徒を通して各家庭や教職員に寄付を募った。

 市役所を訪れ、義援金7万6428円を寄託した村上さんは「(金額は)少しだが、被災して大変な思いをされている方のために使ってほしい」と願った。