九州など各地に豪雨をもたらしている梅雨前線が北上し、県内が11日にかけて大雨となる恐れがあるとして、盛岡地方気象台は県気象情報を出した。12日までは警報級の大雨となる可能性もあり、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意を呼び掛けている。

 同気象台によると、11日は梅雨前線が東北地方に停滞し、湿った暖気が流れ込むため、内陸や山沿いを中心に1時間30ミリの激しい雷雨の所がある見込み。