2020.07.11

魅惑の味 守り続け40周年 盛岡・スパゲティの店モンタン

モンタンの小川久一さん(左)と次男竜介さん。創業以来変わらぬ味を提供する

 盛岡市民のソウルフードが「不惑」の境地に-。ちょっぴり辛みのあるトマトスープスパゲティ「ア・ラ・モンタン」で知られる同市内丸のモンタンが16日、創業40周年を迎える。地元出身の小川久一さん(71)と次男竜介さん(38)が営み、変わらぬ味を届けてきた。新型コロナウイルス感染症による打撃は大きいが、「ファンの支えで今がある。これからも味を守り続けたい」と意気軒高だ。

 コロナの影響で、3~6月の売り上げは半減する苦境にあるが、テークアウトを始めるなど反転攻勢を期す。竜介さんは「小さい頃から店を継ぐつもりだった。おやじ直伝のモンタンを味わってほしい」と熱っぽく語り、小川さんも「当時のお客さんが親になって子どもを連れてきてくれる。世代を超えて味わってもらえることが一番うれしいね」と万感を込める。

 営業は午前10時半~午後9時。日曜定休。問い合わせは同店(019・654・0857)へ。