今季初めて公式戦に観客が入った10日、プロ野球の各球場では拍手や声援を受けた選手が躍動した。千葉市のZOZOマリンスタジアムでは西武の山川穂高内野手(富士大)が一回に3点本塁打を放ち「皆さんの前でプレーできることに幸せを感じる」と喜びをかみしめた。

 ダイヤモンドを一周して戻り、ベンチ前から左翼席へ向け、両腕を広げて「どすこい」と叫ぶパフォーマンスを披露。西武ファンは声を出さずポーズだけで応えた。

 スタンドのファンも一つ一つのプレーを楽しんだ。福岡・ペイペイドームでは、ソフトバンクの松田宣浩内野手が本塁打を放った後に「熱男」と大声を出すとファンも声も合わせて応じた。