新型コロナウイルス感染症に関する経済対策として八幡平市が市内宿泊施設の宿泊費を5千円割り引く助成事業で、1社のホテルに予約が集中し、利用者が助成を受けられない事態となっている。助成を使い実質1円で宿泊できるプランを販売したため。観光関係者によると、そのホテルで対象外となったのは数千人に及ぶとみられ、コロナ禍で苦境にある地元観光業者を後押しするはずが、混乱を招く形となっている。

 観光関係者によると、トラブルがあったのは岩手ホテルアンドリゾート(盛岡市、黒沢洋史社長)が運営する八幡平市安比高原のホテル安比グランドの特別宿泊プラン。1泊2食付き5千円以上の商品に5千円を助成する市のキャンペーンを活用し、価格を5001円に設定、実質1円で宿泊できる破格の内容だった。