復興支援道路として国が整備を進める宮古盛岡横断道路の宮古港-宮古中央間(4キロ)は12日、開通する。宮古港は盛岡市との横軸、三陸道に直結することで仙台、八戸両市との縦軸のつながりが強まる。物流環境が向上し、休止中の宮蘭フェリー航路再開の追い風になると期待される。

 同日午後4時に開通する。三陸国道事務所によると、港に直結したインターチェンジは全国でも珍しい。同日は三陸道の宮古中央-田老真崎海岸(17キロ)も開通する。これにより県内の三陸道は田野畑村以南が全て開通する。