ストレスなどから自分の毛髪を抜く「抜毛症」のある人を助けようと、盛岡市神明町の美容師今野寛子さん(44)は日本抜毛症改善協会(兵庫県西宮市)のカウンセラーの認定を受けた。東北では初めて。悩みを抱えた人に寄り添い、症状に応じたプログラムを組み立て、ヘアスタイルを整えながら改善へと導く。

 同協会の調査では、抜毛症は10歳前後での発症が多く、全体の94%を女性が占める。脱毛部分のある恥ずかしさで美容室に足を運べない人も少なくない。今野さんは夫利明さん(42)と盛岡市本町通で美容室リュクスニューヨークを営む。問い合わせは同美容室のメール(morioka.luxe@gmail.com)へ。