2020.06.08

災厄克服願い「サッコラ」 盛岡・さんさ保存会が奉納

悪疫退散を願って奉納されるさんさ踊り=7日、盛岡市八幡町・盛岡八幡宮
悪疫退散を願って奉納されるさんさ踊り=7日、盛岡市八幡町・盛岡八幡宮

 盛岡市の仙北小鷹さんさ踊り保存会(鈴木孝作会長、会員80人)は7日、同市八幡町の盛岡八幡宮などで、新型コロナウイルス感染症の終息を願って舞った。勇壮華麗に躍動し、青空に「サッコラ、チョイワヤッセ」の声を響かせた。

 踊り手ら11人は華やかな衣装に身を包み、吉祈栄活呼(きっきえかっこ)、神楽くずし、七夕踊り、御礼踊りを披露。少人数、短縮形式とし、一定の距離を保って踊った。3月上旬以降、活動を自粛していたが、さんさでまちに活気を呼び込もうと企画した。

 さんさは、災厄を克服した喜びと感謝の舞が起源とされる。鈴木会長(71)は「早く終息してほしい。状況が好転していくきっかけになれば」と願いを込めた。

関連リンク